Category

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

RECOMMEND

デザインのデザイン

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ !

ポピーザぱフォーマー(1)

FLAME VEIN

THE LIVING DEAD

jupiter

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

ギャグマンガ日和 5 (5)

ユニバーサルHTML/XHTML

ユグドラシル


Serch

<< 占い | TOP | アイコン作りにハマってみる >>


Entry

2004.10.18 Monday,

author :
スポンサードリンク
Category:
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Entry

2004.03.03 Wednesday,03:56

author :
imai
Category:
-

「デザインの定義」にトラックバック

おぉ、初のトラックバック体験
 
「デザインの定義」についてのトラックバックを募集されてるところがあり、2名ほど答えていらっしゃったので面白そうだから自分も参加してみる。
 
「デザイン」て一言で言っちゃえばそれまでだが、相当漠然とした言葉だと思う。ちなみにこの記事を書かれた方の見解は、
 
分かりやすく美しい標識を作る。車が走りやすい道路をつくる。車が走りにくい道路をつくる。ビジネスがうまくいくよう考える。生きるために生活する。

 
だそうだ。ふむふむなるほどよくわかる。
とっても奥が深いのだな、デザインというものは。
 
また、この記事にトラックバックしていたお二方の見解は、
 
デザインとは、サービスなり情報なりの提供者が、利用者にとって興味を引き受け入れやすく、また快適に利用できるように、体裁を整えてさぁどうぞ、というものです
 
 
デザインとは、それを使う人が“意識することなく最大限の恩恵を受けられる状態”を提供すること。

 
と、似たような内容であり要するに前に私がWEBデザインについてあれこれ考えた時に出た結論とほぼ一致してるような気がする。
 
しかし、ここでふと疑問を感じた。
 
確かに「相手に分かりやすく何かを伝えるためのもの(こと?)」も立派なデザインだ。間違いない。自分でもそう書いた。それがWEBであったり印刷であったり映像であったり標識であったり何かのパッケージだったり、ジャンルはいろいろあっても結局のとこはコレに尽きると思う。
でも、コレだけじゃないんじゃないか?とも思う。
 
世の中にはいろいろなジャンルのデザイナーが存在する。
その数あるジャンルのどのデザイナーもが「情報を相手に的確に分かりやすく、理解させる、伝えるためのデザインをしているのか」と考えると、NOだと思う。それはスキルの問題ではなく、例えばグラフィックデザイナー。抽象的なグラフィックを作成(デザイン)してるではないか。WEB上でそういったグラフィックを用いて、サイトを「デザイン」しているデザイナーはいる。個人サイトだけでなく、商用サイトでもそういったグラフィックをサイトの一部として使用していたりする。
 
WEB、広告(印刷含)、標識、映像(一部除く)等のツールにおいてのデザインは、確かに情報を分かりやすく伝えるデザインがとても大事だと思うし、それが出来る人がそのツールにおいての真のデザイナーだと思う。
 
しかし、先ほども言ったようにデザインとはとても漠然としていて範囲は限りなく広いのだ。情報を伝えるだけがデザインじゃない、そうじゃないデザインも確かに存在してると個人的に思っている。
 
ここでやっかいなのが、デザインアートの境界線だと思う。
アートって何?と考えた時、限りなく個性的で自己満足で抽象的でターゲットが狭いものだと思った。わかる人にしかわからない、わからない人にはどう頑張ってもわからない、そういうものをデザインするのがアートというのだろうか。てことはアートもデザイン?あれ?デザインて何?デザインの定義って何なのさ?
 
定義なんかわからん。
デザインの定義なんて考えてもコレだというものは出ることは無いと思う。それぐらい無限なものだ。という結論に達してみると、「デザインの定義」の記事を書かれた方の見解となんとなく似てるのかも知れない。生きてゆく上での全ての事はデザインであって、全部デザインで繋がってるって事だ。ちなみに「デザインで繋がってゆく」は会社のキャッチコピーなのだが、それを聞いたとき「やりやがる」と思った。
飛行機を発明したヤツらは飛行機をデザインした。
野球でもサッカーでも監督はチームをデザインしているし、プレイヤーもその競技をデザインしている。
もの書きも文章をデザインしているし、子育てしてる母ちゃんも子供をデザインしてるのかもしれない。料理の味付けもデザイン、毎日出勤前に化粧してる女性陣も己の顔をデザインしている。ううむ、はやり無限だなぁ。

結論:
 
デザインに定義なんか無い。
定義付けされたデザインなんてデザインじゃない!

 

 




たぶんね
追記:
デザインとアートの違いについてちょっと考えてみた。
 
デザインとは計算された計画的な設計されたものであり
アートとは表現なのかなと思った。
 
この二つは似てるようで実は違うものなのかも知れない。(性質が)
 
いや待てよ
アーティストはアーティストなりに計算して計画的に設計しているんじゃないだろうか。それが伝わりにくくとも(一部の人にしか伝わらなくとも)本人は本人なりにそうしてるんじゃないかと思う。てことはデザイン?あれ?
デザインがただ「情報をわかりやすく伝達する手段」だとしたら、例えばWEBデザイン、別にビジュアルが格好良くなくたって全部テキストでいいんじゃないか?作りこんだ画像メニューって必要なのか?カテゴリを色で分けるとしても、ダサダサの超・原色とかでも見やすければ、わかりやすければそれでもいいんじゃないか?
 
個人的考えだが、ビジュアルと情報整理は全く別物だと思っている。
WEBにおいては。他のジャンルは知らない。
ビジュアルはビジュアルのデザイン、情報は情報のデザインだ。
情報のデザインにおいては、それこそわかりやすさ、見易さ、使いやすさが大事だ。それが全てなんじゃないだろうか。じゃあ、ビジュアルデザインは?もしデザインの定義を「情報をわかりやすく(以下略)」にしたとしたら、例えば寒色系を使う事で何の情報をわかりやすく伝えてるのだろう。寒そうって情報だろうか。その寒そうという情報は本当に伝えたい情報なのか。寒そうだという事を伝えたいがために青やグレイや緑を使うのだろうか。まあ、確かにそういう場合もあるな。暖かそうなイメージを出すために暖色を使う、とか。イメージは情報なのだろうか。イメージとはその人の感性に委ねられてるんじゃないだろうか。感性に委ねられてる事柄は情報と言えるんだろうか。
ビジュアルとは「見栄えの良さ」の為に意識するものなんじゃないだろうか。ポップだったりCOOLだったり和風だったりクラシックだったりホラーだったりほわほわしてたり、ビジュアルと一言でいってもまた更にカテゴリ分けされる。
例えば今回は「ポップ」というカテゴリのビジュアルをデザインしようじゃないか、となったときに、じゃあ「ポップだ」という情報を相手に分かりやすく教える(デザインする)とするか、って事になる。「ポップだ」という情報って何?
ポップなビジュアルをデザインしようとしたときに、デザイナーは己の感性でポップさを表現するんじゃないかなと思う。「ポップな感じにするには、この色とか使うとポップになるなあ」という漠然としたイメージはあるが、それはその人本人の感想であるし、その人自身の感性に基づくものであって「情報」ではないんじゃないか。
 
情報をわかりやすく伝えたいだけならビジュアルなんかいらない。それだけが目的じゃない。数あるサイトから自分のサイトを注目してもらうためにビジュアルが必要になる時もある。だからビジュアルと情報は別なのだ。でもビジュアルを考えるのもデザインだ。ひっくるめてデザインか。アートはビジュアルのみに徹しているということなのか。でもやってる本人は情報(己の思想やら何やら)を伝えたいんじゃないか?ターゲットの違い?
 
などと悶々と考えてたらもう4時じゃないっすか…
明日6:30起きでした…
まあ、こんなん一般市民の私が考えてもわかるはずなかった。
身の程知らずな事をして貴重な睡眠時間を無駄にしてしまった。
 
まあ、とにかく、何だっていいや…


Entry

2004.10.18 Monday,03:56

author :
スポンサードリンク
Category:
-

スポンサーサイト


コメント

great site

zoids

2006/03/23 8:49 AM

i like pops

buy carisoprodol online tc

2006/03/20 8:10 AM

Good

casino consultant

2006/03/19 6:43 PM

i like this site

casino gambling online online

2006/03/19 12:29 AM

who is

cancun honeymoon

2006/03/14 2:03 AM

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://bobziru.jugem.cc/trackback/34

トラックバック

アートとデザイン
例えば、いろんな色のペンをメチャクチャに動かしてみたら、自分がカッコいい!と思う模様が出来たとする。さて、この模様は「アート」なのか「デザイン」なのか?答え、それはおそらく「アート」であり、100%「デザイン」ではありません。そんなの当然だろ、と思っ
romance

2005/10/10 5:59 PM